clarisse.png

クラリス・リスペクターの最も人気のある小説で、作家の死の年である1977年にリリースされたこの本は、作家のロドリゴSM (クラリス自身の分身) の創造的なジレンマを暴露し、アラゴアスの若い孤児の処女であるマカベアの物語を語ります。孤独で、専制的な叔母に育てられ、リオデジャネイロに連れて行かれ、そこでタイピストとして働き、そこで彼女は完全に諦めて悲しい運命をたどります。

[著] クラリッセ・リスペクトル

[訳]  福嶋伸洋

[出版社] 河出書房新社

[autor] Clarice Lispector

[tradução] Nobuhiro Fukushima

[editora]    Kawade Shobo Shinsha

ご購入案内

河出書房新社

Bicentenario_Ingles_Bicentenario_COM_BOX_JAP.jpg
LogoG.jpg